テーマ:8ビット

24kHz

空打ちも何もメモリが要らないというだけで、出力はしなきゃいけないわけで。 で、ちょうどじゃないから概算で、55Hzと60Hzなら、11枚に1枚増やさなきゃいけない、と。 11枚遅れでコンバートするってことなのだろうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MZ-700 RF接続

X1 turboのモニタが地上アナログの停波でテレビがうつんなくなっちゃったので、せめてとMZ-700のRF出力でも映そうとケーブルをこさえようとしてDIYショップに行ったがRCAのプラグがみつからなかった。 まあ、せめてと映すものはまだビデオがあるから、どうしてもなわけでもないけど。 というか単純接続でいいのかを試したかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

15kHz 24kHz

いろいろと15kHzと24kHzのスキャンコンバータについて考えてみた。 ネックは水平同期に位相のあったドットクロックの生成。 あとは24kHzだと31kHzに変える際にどうもつじつまを合わせる方法が複雑そう。 24kHz→31kHzは、31kHzの480ラインは上下40ラインを考慮して空打ちしてつじつまを合わせると… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

turboのディスプレー

また、切り替えがうまくいかなくなったのでスキャンコンバータの勉強。 あまりに漠然でまとまらないけど、 ・PLLによる水平同期の位相同期クロックの生成 ・上記を試すための前段階として周波数カウンタの検討 ・水平同期の測定でカウンタの出来を見て、位相同期への検討 同期が取れればいいのだけど、CPLDの方もチップの使い方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続・turboのディスプレー

切り替えがほぼ問題なくできるとこまで回復しました。時々不安定ですが、ふた朝越えてもできてきたのでいい傾向です。 そもそもの原因は劣化によるはんだクラックか部品特性の変化か…。 それでも'86年の製品としては驚異的なもちでしょうか。 まあ、なんにしても、使うことで復調させるというある種民間療法的な感じです。 強さと場所を考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

X1 turbo のディスプレー

400ラインの切り替えがうまくいかなくなってたのが、少し復調した。しかし、400ラインでは間延びして画面が少しはみ出すという状態。 最後にまともに映ったのは7月だった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8ビット昔話 - マシン語

今はそんな見方したらえらいことになるかもだけど。 アドレスと、そこに収まるデータ。一番単純なノイマン型コンピュータのモデルなんでしょう。 アドレス部 データ部 00000000 3E LD A,24H 00000001 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MZ-700 RGB & データレコーダ

1.RGB→X1 turboディスプレー 2.内蔵レコーダを外して→外部端子でX1用データレコーダを接続 1.スキャンコンバータの理屈をこねくりまわしているうちに、700でも条件が同じならX1のディスプレーにつなげるのでは?という。 700のRGB出力部がX1の出力と同じ値のプルアップ抵抗があったから? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more